ミニチュアダックスにトリミングが必要なのはどんなとき? ポイントや注意点も紹介

ミニチュアダックスは定期的なトリミングが不要な犬種です。だからといって、被毛を一切カットしなくていいかと言えば、そうではありません。ミニチュアダックスがトリミングが必要な部位や気をつけるポイント、道具の使い方について紹介します。

安全や清潔を保つためのトリミングが必要

ミニチュアダックスのようなダブルコートの犬種は、毛が定期的に生え変わります。おしゃれや夏の暑さ対策などでトリミングする飼い主もいますが、とめどなく伸び続けるわけではないので、トリミングが必要ありません。

では一切毛を切らなくていいかと言えばそうではなく、ミニチュアダックスの清潔やケガの防止のためにトリミングが必要な場合があります。

肛門まわり・内股
排泄物がつきやすく不清潔になりがちな部分なので、毛を短くカットしておくことが望ましい

足先・肉球の間
カットしないと滑りやすく、ミニチュアダックスの転倒や関節に負担をかける原因になってしまう

耳の中
ミニチュアダックスは垂れ耳なので耳の中が蒸れやすく、毛を短くして通気性をよくしておいたほうがいい

ミニチュアダックスの被毛はロング・スムース・ワイヤードと3種類ありますが、ロング以外のタイプにも共通することです。

部分的なカットであれば、ペットサロンでなく飼い主がカットすることもできます。ミニチュアダックスの健康のために、自宅でカットしてみませんか?

トリミングに必要な道具

自宅でミニチュアダックスの部分的なトリミングをする場合、ブラシとハサミがあれば十分です。

ハサミは人間用でもいいのでヘアカット用を用意し、安全のため先が丸くなっているものを選びましょう。細かいところをカットするための小さなハサミもあるといいですね。
ブラシはいつものお手入れで使っているものでいいでしょう。

その他、犬が音に驚かないようなら足の裏やお尻用にバリカンがあると便利です。毛が散らからないように敷くビニールシートもあるといいですね。

トリミングのポイント

トリミングするときは、まずミニチュアダックスが「じっとしていられる」ことがポイント。どこを触られても嫌がらないということも重要です。
特に、カットするときは犬が敏感な耳や足先などを長時間触ることになるので、子犬のころから訓練しておきましょう。

部分的なカットなら、ミニチュアダックスの安全にさえ気を配ればそう技術はいりません。始める前にブラッシングして毛のもつれをほどいておくこと、ハサミの先を犬の体に向けないようにすることなどに注意すれば大丈夫です。

定期的なトリミングで心身ともにリフレッシュ

ミニチュアダックスのトリミングは、ポイントを掴めば自宅でも行うことが可能です。デザイン重視のトリミングはプロに任かせ、お世話の一貫としてなら自宅で行えば経済的にも節約できます。今回紹介したポイントを参考にトリミングにチャレンジしてみてください。

関連する記事

< ミニチュアダックスのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,037人が「いいね!」と言っています。
桂蓮 川浦
Teruyuki Miyazawa
吉田 ももか
塩原 浩太朗
加藤 浩由
はせがわ りえこ
辻野 加奈恵
村上 和寿
新着子犬お知らせメールサービス ミニチュアダックスの子犬お探しコーナー チャンピオン犬 輩出・在籍のミニチュアダックスのおすすめブリーダー特集

毛色から子犬を探す

ミニチュアダックスの犬図鑑

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペット保険
みんなのペットライフ
みんなの犬図鑑

ミニチュアダックスの名前ランキング

  • 男の子
    1位ロン
    2位あづき
    3位いすけ
  • 女の子
    1位くるみ
    2位チョコ
    3位モカ
>> 名前ランキングをもっと見る