ミニチュアダックスの犬図鑑

ミニチュアダックスの歴史

中世の頃に作出されたとされるダックスフンドは、原産国のドイツでは3つのサイズにわけられています。
他のダックス同様、ミニチュアダックスも猟犬であり、嗅覚を使って獲物を探索し追い詰めるハウンドドッグです。ミニチュアダックスは3つのサイズの中間ということもあり、自分の体より大きいアナグマ猟から小さなウサギ狩りまで、猟の場面で幅広く働いてきました。
あくまでもダックスフンドの中で3サイズあるということで、ミニチュアダックスフンドという犬種があるわけではありません。

日本ではジャパンケンネルクラブ(JKC)発行の血統書の中に、サイズのバラエティーが記載されています。スタンダードはDH、ミニチュアではDHM、カニンヘンではDHKとなりますが、犬種が異なるのではなくサイズが異なるだけですので、事前に申請の上、展覧会の会場で審査を受ければバラエティー変更の登録が可能になることがあります。
ミニチュアダックスフンドについては、 生後15カ月を経過した時点で測定し、胸囲35㎝以下で30㎝を超えるものと定められています。なお、小さいミニチュアダックスから大きいスタンダードダックスへの変更は、生後6か月を経過した時点での計測となります。
サイズが変わっても同じ犬種であると定められていることから、このような柔軟な対応が可能となっています。

2013年度のJKCでの登録数は、カニンヘン5,803、ミニチュア27,314、スタンダーダックス66となっており、ミニチュアダックスフンドの登録数が圧倒的に多くなっています。
近年の日本の住宅事情では、ペット可集合住宅の場合、体重10kg以下と定められる場合が多くあり、これは共用部分を抱いて歩けることを念頭にしていると考えられています。
スタンダードダックスフンドの犬種標準は体重9kgとされていますが、ミニチュアダックスは大きくても7~8kg程度とされているため、より多く普及することになったようです。
3サイズのダックスフンドそれぞれに違いはないとされていますが、ミニチュアダックスはスタンダードダックスより身軽なことから、ドッグスポーツに挑戦させるなど、この犬種本来の活発さを発揮する機会が多くあるようです。
また、訓練性能の良さを生かし、2013年には警察犬試験に全国で初めて合格したミニチュアダックスフンドが、熊本県警察に採用されて話題となりました。

ミニチュアダックスの特徴

ミニチュアダックスは、体長は体高の2倍の長さという短足胴長の体型で、垂れ耳で中くらいの長さのマズルを持つ小型犬です。
被毛はスムース(短い)、ロング(柔らかく長い)、ワイアー(硬毛で長い)の3種類です。
犬種標準のサイズは、 生後15カ月を経過した時点で測定し胸囲30~35cmとされています。

ミニチュアダックスの性格

ミニチュアダックスは陽気で好奇心が強く、非常に活発です。やや頑固なところがありますが、賢く順応性が高いため、しつけや訓練は受け入れやすい性格です。自立心のある猟犬ですので、甘やかしすぎると扱いにくくなります。

ミニチュアダックスの飼い方

ミニチュアダックスは活発で遊び好き、前向きでめげない性格です。
1日1時間程度の散歩に加えて、ボール遊びなどのゲームの時間も作ってあげましょう。

家族に対して愛情深い反面、外に対しては警戒心を持ち、他人や他犬に対して神経質になることがあります。子犬の頃から社会性を育んで、扱いやすい飼いやすい犬に育てましょう。
自立心の強い面があるため、甘やかしすぎると飼い主の指示に従わなくなります。しつけを通してけじめのあるコミュニケーションをしましょう。
多頭飼育の場合、集団で外に出た時に、非常に気が強く騒がしくなることがあります。多頭飼育の場合は特に飼い主のリーダーシップが問われます。

ミニチュアダックスの被毛はダブルコートですので、特に換毛期はよく抜けます。
ロングヘアーとワイヤーは週に2~3回以上、スムースも定期的にブラッシングをしてあげましょう。
ミニチュアダックスの場合、スムースは特に冬の寒さには弱いので、衣類を着せるなどの工夫をしてあげましょう。

ミニチュアダックスの毛色

ミニチュアダックスは単色ではレッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)。
バイカラー(2色)ではブラック&タン、ブラウン&タンまたはブラック&イエロー、ブラウン&イエローとなります。
混色ではダップル(大理石様)、タイガーブリンドル(縞目)、ブリンドル(縞目)となります。
ワイヤーについては、上記の色のほかにワイルドボア、または枯葉色の単色も公認されています。

ミニチュアダックスの気を付けたい病気

ミニチュアダックスは、両親犬の毛色がダップルで子犬がダップルの場合(ダブルダップル)や、ブルー(かなり明るい灰色)やパイボールド(白の多い2色以上)と呼ばれる珍しい色の場合、白い毛色の遺伝子が原因によるとされる疾患を持つ確率が高くなります。
特にダブルダップルやブルーでは進行性網膜萎縮(PRA)やてんかんを比較的起こしやすいとされていますので、注意が必要です。

椎間板ヘルニアは、ダックスフンドに限らず、短足胴長の犬に起こりやすい病気です。
ダックスフンドが椎間板ヘルニアの好発犬種であることは良く知られています。
成長期には運動でしっかり筋肉をつけ、中年齢以上では発症を予防するために太らせないことが大切です。
ミニチュアダックスは活発な犬種ですので、歩くのを嫌がるそぶりを見せた時は、良く注意して観察し早期発見に務めましょう。

ダックスフンドは脚が短く地面に近いため、夏季は熱中症にかかりやすくなります。
散歩は朝晩の涼しい時を選んで、短く済ませましょう。

< ミニチュアダックスのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,115人が「いいね!」と言っています。
中西 ゆきこ
宮坂敏徳
Masayuki Hashimoto
クッキー ハラダ
サトウ コウイチ
Marippe Jupiter
真鍋明人
Tadashi Tanaka
新着子犬お知らせメールサービス ミニチュアダックスの子犬お探しコーナー チャンピオン犬 輩出・在籍のミニチュアダックスのおすすめブリーダー特集

毛色から子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

ミニチュアダックスの名前ランキング

  • 男の子
    1位りく
    2位ロン
    3位あづき
  • 女の子
    1位くるみ
    2位チョコ
    3位モカ
>> 名前ランキングをもっと見る